1. トップページ
  2. 診療部門紹介
  3. 麻酔科・ペインクリニック

麻酔科・ペインクリニック

診療科紹介

麻酔科・ペインクリニック科は手術時の麻酔と外来での痛みの治療を担当している診療科です。ペインクリニック外来ではすべての痛みを治療しています。明らかな原因疾患による痛みは担当科での治療により痛みは取れます。しかし、慢性的な痛み(3か月以上に渡り持続する痛み;時間経過により治らない痛み)は一般的な鎮痛薬では治療が困難なことがあります。そのような時にはペインクリンックを受診していただければ、薬物治療や神経ブロック治療などにより痛みの治療を行います。また原因不明の痛みも多くみられます。そのような痛みは的確な治療法を選択して治療を行います。当科の特徴としては、西洋医学的なペインクリニックでの治療に加え、東洋医学的な治療、すなわち漢方薬の併用や漢方藥のみで治療を行い、治療効果を上げています。
特に、冷えや気分の状態により痛みが増強するような痛みの場合には漢方薬が著効することがあります。年齢を重ねると色々な痛みが生ずることがありますが、年だからと言ってあきらめることなく、ご相談いただければそれなりの治療により日常生活の活動性を増加することができます。
また、一般的な痛みのみならず、癌による痛みなども麻薬の適切な使用により鎮痛することができます。 痛みがなかなか治らなくてお困りの時にはご相談ください。当科で必要な検査を行いながら的確な治療を行えると考えております。

対象疾患

疼痛性疾患としては、頭痛(緊張型頭痛:ひどい肩こりからくる頭痛、片頭痛、群発頭痛)、顔面痛、非定型顔面痛、三叉神経痛、舌咽神経痛、五十肩(肩関節周囲炎)、頚椎・腰椎疾患(椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、変形性脊椎症など)、血流障害(閉塞性動脈硬化症、バージャー病、レイノー、膠原病)、糖尿病性神経症、帯状疱疹・帯状疱疹後神経痛、術後痛、慢性局所疼痛症候群、神経障害性疼痛、会陰部痛、がん性疼痛などです。痛みが長期間持続している時にはすべての部位での痛みの治療を行います。

トピックス

頭痛と腰下肢痛、頚部・上肢痛の患者さんの受診が最も多く、治療成績が上がっています。「年だから痛いのは当たり前」とか「年だからもう痛みは治らない」との感想をよく聴きますが、疾患によってはかなりの程度に痛みが軽減し、日常生活の質が改善している患者さんが多くいます。特に腰痛に対しては神経ブロックと漢方治療で治療成績が上がっております。痛みに関しては当科では漢方薬で多くの患者さんが改善しております。漢方をご希望の方は、基本的には痛みが有る病気を診ていますが、それ以外のことでもご相談くだされば対応できると考えております。

診療実績

平成28年度

外来延患者数 7,946名(うち初診 265名)
手術件数 2,802件
全身麻酔件数 1,155件