1. トップページ
  2. 診療部門紹介
  3. 臨床検査科

臨床検査科

検査の種類

 当センターで実施している検査は、生理(学的)検査と検体検査に大別されます。臨床検査科ではこのほかに、輸血管理業務と外来採血業務を担当しています。
 生理検査としては心電図検査、超音波検査(心臓、頸動脈、腹部など)、脳波検査、筋電図検査および呼吸機能検査を実施しています。
 検体検査としては一般検査(尿・糞便等の検査)、生化学検査、血液学検査、輸血検査、免疫血清検査や微生物検査の一部を実施しています。当センターで実施できない検査項目は、本郷の順天堂医院(本院)や外部の検査会社(SRL社)に検査を依頼しています。

それぞれの検査の意義

 患者さんのお体に直接電極を付けたり、端子を当てたりして、体内の状況を探るのが生理検査です。一方患者さんのお体から血液や尿、糞便、髄液などの検体を採取して、様々な分析を行うのが検体検査です。いずれの検査も、通常の診察では分からない、患者さんの体に関する色々な情報を提供してくれます。これらの情報は診断や治療に役立てられており、診療活動に大きく貢献しています。

トピックス

 生理検査では上腕-足首脈波速度や下肢/上腕血圧比(ABI-PWV)の測定も行っており、動脈硬化症の診断に役立てられています。検体検査では高機能の血小板凝集計を設置していますが、これを備えている施設はあまり多くありません。当センターは血小板凝集能の依頼が多く、血液の流れの状態や出血を止める働きを把握するのに役立てられています。また本年から心不全の検査値としてNT-proBNP測定を開始しました。