1. トップページ
  2. 診療部門紹介
  3. PET-CT認知症研究センター

PET-CT認知症研究センター

センターの概要

 当研究センターは認知症臨床研究部門と脳ブドウ糖代謝画像統計解析部門に分かれています。実際にはメンタルクリニック、放射線科、神経内科、神経外科、膠原病内科などに所属する医師と密接な連携をとりながら、アルツハイマー病、レビー小体病、前頭側頭葉変性症、正常圧水頭症等々の認知症症候群における精神医学的・神経学的・臨床心理学的な診断、これらの疾患における脳の形態学的な変化に対する診断、そして、高次脳機能障害と深く関連する大脳皮質のブドウ糖代謝の相互関係を把握すべく種々な研究が進められています。

研究内容

 加齢とともに、誰にでも起こり得る【ど忘れ】や【もの忘れ】が、将来、認知症に進展するのか、あるいは、認知症の極く初期の状態なのかを早期に診断することが出来れば、病態の進行を遅らせるdisease modifying therapyの導入が的確に行えるようになると期待されます。認知症の過半数を占めるアルツハイマー病では、軽度認知障害(mild cognitive impairment:MCI)と呼称される病態から次第に認知症に進行増悪することが知られています。認知症に包含される他の疾患、例えばレビー小体病などにもMCI に相当する病態があることが判れば、認知症の早期診断に基づく早期治療の対象疾患は確実に広がるものと思われます。
 当研究センターは一昨年から開始された日、米、欧、豪の4極同時国際臨床研究【J-ADNI (Japanese Alzheimer’s Disease Neuroimaging Initiative:アルツハイマー病進行評価基準つくりのための臨床研究】の一翼を担ってます。この国際臨床研究と平行して認知症の早期診断と早期治療に係わる研究を強力に進め、その結果、認知症の重症化を回避し、高齢化社会の医療問題の解決に微力ながらも貢献できればと考えています。

トピックス

 当医療センターでは、平成19年1月より「もの忘れドック」を開設いたしております。熟達した医療スタッフと最新の医療設備を整えて、脳の活動性と認知機能を段階的に評価し、皆様がより安心した楽しい老後を過ごすためのお手伝いをいたします。

※詳しくは「もの忘れドックのご案内」をご参照下さい。