1. トップページ
  2. 診療部門紹介
  3. 高齢者総合診療科

高齢者総合診療科

診療科紹介

外来診療は7名の常勤医を含む11名の医師が対応しています。初診の患者さんも多く、救急外来より救急患者さんも多く受け入れており、また、認知症を基礎に持つ患者さんや、家族同伴の患者さんの比率が高いため、その対応には一定の時間が必要になります。
 待ち時間がないよう努力はしておりますが、お待たせしてしまう可能性があることをご了承ください。

対象疾患

 多くの疾患を併せ持つ高齢者の紹介先としての機能を担う位置付けと、発熱、食欲不振、体重減少といった、当初の診療科目の特定が困難な症状、兆候を持つ症例の診断、治療に当たっています。この際、それまでの治療歴、通院歴が非常に重要となり、それを踏まえたうえで、もし、当院を受診されるときには、それらの情報をご持参いただければ幸いです。
 尚、当院には、血液疾患の専門科がないため、血液疾患と診断された場合あるいはその可能性が高い場合には、血液内科のある他院を紹介させていただいています。

トピックス

 20名前後の入院患者さんをチームで担当しております。更に、他科との連携を取り合い文字通り総合的な診療を行なっていく所存です。

診療実績

平成28年度

外来延患者数 7,120名(うち初診 787名)
入院延患者数7,528名(うち新入院患者数 257名)