1. トップページ
  2. 診療部門紹介
  3. 脳神経内科

脳神経内科

診療科紹介

高齢化社会をむかえ、一部の神経細胞が徐々に死滅してしまうために生じる神経変性疾患を有する患者さんの数は年々増加してきております。当脳神経内科は外来・入院ともに神経変性疾患の中で、運動障害を主とするパーキンソン病・その関連疾患(多系統萎縮症など)と、認知症を前景とするレビー小体型認知症・アルツハイマー病の患者さんが多いという特色を有しております。神経学会専門医が火曜・水曜の午前に設けたパーキンソン病の専門外来(担当:古川)も含めて月曜から土曜まで毎日、運動障害・認知症・脳血管障害の患者さんを数多く診療しています。患者さんの生活の質を重視した診療を心がけており、センター内のリハビリテーション科・メンタル科および地域の医療機関・福祉施設の方々と連携を図り、個々の症例に適した急性期・慢性期の治療を行っています。日本神経学会および日本認知症学会の認定教育施設となっております。

対象疾患

脳・脊髄・末梢神経・筋肉の障害を呈する疾患全てが対象となります。入院に関しましては、神経変性疾患(パーキンソン病、進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症、多系統萎縮症、脊髄小脳変性症、レビー小体型認知症、アルツハイマー病、前頭側頭葉変性症、運動ニューロン疾患など)と脳血管障害(脳梗塞、一過性脳虚血発作、脳出血など)の患者さんが、全体の80%以上を占めております。外来では、頭痛(緊張型頭痛、片頭痛、群発頭痛など)、良性発作性頭位性めまい、症候性てんかん、本態性振戦、各種のジストニー、三叉神経痛、末梢性顔面神経麻痺、変形性脊椎症、糖尿病性神経障害、他の末梢神経障害・神経痛、重症筋無力症などの患者さんも診療しております。また、眼瞼けいれん・半側顔面けいれんに対しては、ボツリヌス毒素療法も外来で施行しています。

トピックス

必要に応じて、脳神経内科領域の特殊検査(頭部CT・MRI、PET-CT、心筋シンチグラフィ[下記参照]、脳血流シンチグラフィ、頚動脈エコー、脳波、筋電図、末梢神経伝導検査、誘発電位検査など)を行い、診断・治療に結び付けています。

MIBG心筋シンチグラフィ

MIBGという物質を注射して心臓の撮影を行いますと、病理学的にレビー小体の出現を特徴とするレビー小体病(パーキンソン病・レビー小体型認知症など)では集積が低下しており、この低下はパーキンソン病に似た症状や認知症を呈する他の神経変性疾患(多系統萎縮症・進行性核上性麻痺・大脳皮質基底核変性症・アルツハイマー病など)では一般的に認められないため鑑別診断に有用です。

診療実績

疾患別入院患者統計

平成23年度平成24年度
1神経変性疾患184例216例
2脳血管疾患96例97例
3発作性疾患8例8例
4内科疾患に伴う神経障害7例5例
5炎症性疾患3例7例
6脊椎疾患6例4例
7脱髄性疾患4例6例
8その他の疾患16例12例
9末梢性疾患2例4例
10神経筋接合部疾患9例5例
11髄液圧異常疾患1例1例
12筋疾患2例3例
13中毒性疾患1例6例
14腫瘍性疾患4例1例
合計(兼科入院含む)343例375例