1. トップページ
  2. 診療部門紹介
  3. 脳神経外科

脳神経外科

診療科紹介

当科は脳や脊髄におこる病気のなかで、主に外科手術の対象となり得る病気について診断・治療を行います。まず、CT、MRI、脳血流シンチグラフィー、脳血管造影などの画像診断機器を駆使して脳と脊髄疾患の病態診断を迅速に行います。脳血管障害(主に脳卒中)は高齢者では罹患率の高い疾患です。ハイテク機器を用い脳梗塞や脳出血の前段階や後遺症の病巣を速やかに把握します。めまい・ふらつき・物忘れなどの患者さんに画像診断を積極的に実施し正常圧水頭症・慢性硬膜下血腫・良性脳腫瘍など外科治療が可能な疾患を早期発見します。画像診断により外科治療が必要な病気が認められない場合、例えば「めまい」なら耳鼻咽喉科、「もの忘れ」ならメンタルクリニック、「麻痺」や「しびれ」なら神経内科等、関係各科に紹介しております。「腰痛・四肢の痺れ・歩行障害」の原因となる脊髄・脊椎疾患に対しても整形外科やペインクリニックとの協力のもと低侵襲な外科治療を行います。意識消失やめまいなどで起こる高齢者てんかんも積極的に鑑別しています。
当科では、とくに最近話題の特発性正常圧水頭症と腰部脊柱管狭窄症の診断と治療にちからを入れています。

対象疾患

脳血管障害(脳出血・くも膜下出血・脳動脈瘤・脳梗塞・内頸動脈狭窄症など)、脳腫瘍(髄膜腫・聴神経腫瘍・下垂体腫瘍・神経膠腫など)、脊髄腫瘍、変性性脊椎疾患(頸椎症・腰部脊柱管狭窄症・椎間板ヘルニアなど)、頭部外傷(頭部打撲・外傷性脳内出血・慢性硬膜下血腫)、機能性疾患(顔面痙攣・三叉神経痛・高齢者てんかん)、正常圧水頭症(特発性・二次性)、脳や脊髄におこる病気を対象とします。

外来における診療体制

脳神経外科専属医師は、屋田・萬代・伊藤の3名の専門医。これに元院長を加え外来を行っております(ただし手術中は対応できない場合があります)。

入院における診療体制

上述3名の専門医がチームに加え、平成29年4月からは専門医前の阿部医師(平成25年卒)が加わり、4名で診療体制を敷き、質の高い診療を行うよう努めています。関連診療科とも密な連携医療を展開します。例えば「腰部脊柱管狭窄症」の場合には症状と画像診断から病変を特定し、ペインクリニックで硬膜外ブロックによる保存的療法を試みたうえで手術を検討し、術後はリハビリテーション科で短期の歩行のリハビリを行ないます。複雑な「脳腫瘍」や後療法(放射線治療や化学療法)などが必要な場合には順天堂本院や国立がん研究センターなどに紹介し、各専門科の協力を仰いでいます。また、「脳動脈瘤」や「脳・脊髄の血管病変」では本院脳神経外科の血管内治療専門医が来院し低侵襲的な治療法の選択に努めます。

トピックス

特発性正常圧水頭症(とくはつせいせいじょうあつすいとうしょう)

水頭症(すいとうしょう)とは、脳脊髄液の産生・循環・吸収などいずれかの異常により髄液が頭蓋腔内に貯まり、脳室が正常より大きくなる病気です。 脳脊髄液による脳の圧迫が、脳機能に影響を与えます。おもに乳幼児に多くみられますが、成人にもおこります。例えば、くも膜下出血や髄膜炎のあとにおこる正常圧水頭症(せいじょうあつすいとうしょう)は有名です。これは原因がはっきりしているので、二次性(にじせい)正常圧水頭症といいます。これに対し、特発性(とくはつせい)というのは原因がよくわからないという意味です。正常圧とは乳幼児の水頭症が髄液の圧が高いのに対し、圧が正常であることを意味します。中年以降、とくに高齢者によくおこる特発性正常圧水頭症はiNPH(アイエヌピーエッチ)と呼ばれ、近年テレビや新聞で話題となっています。
iNPHは、歩行障害(フラフラ歩く)・認知機能障害(物忘れ)・尿失禁(トイレに間に合わない)の三つの症状を特徴とします。症状は三つともそろうわけではなく、歩行障害94%、認知機能障害69%、尿失禁54%の頻度といわれています。これらの症状が数ヶ月から数年をかけてゆっくり出てくるので、歳のせいとか、認知症のせいと思われて見逃されていることもあります。
平成21年11月にNHKで、シャントという手術で「治る認知症」として特発性正常圧水頭症(iNPH)を啓蒙する番組が放映され脚光を浴びました。実際にはiNPHの鑑別診断は容易ではありません。当院ではiNPHが疑われる患者さんには短期入院(週末を利用し4日間)にて髄液循環動態検査(髄液流出抵抗値測定:RO値)とタップテスト(背中から針をさして髄液を抜く検査)を行っており、検査回数は383件となりました。シャント術は80例(63歳〜89歳:平均年齢77.3歳)に行い、手術効果は術後3ヶ月で90%、38ヶ月では60%にみられました。シャント手術の効果は年月とともに徐々に低下しますが、3ヶ月と38ヶ月の時点で比べると、改善する症状はそれぞれ、歩行障害90%:60%、認知機能障害51%:31%、尿失禁31%:20%でした。最長で11年間、認知症も尿失禁もなく歩行障害の改善が続き、12年目にアルツハイマー型認知症となりましたが、今なお自立した生活をしている93歳女性の患者さんもおられます。この患者さんのようにiNPHが長期に渡り単独で存在していることもありますが、通常はアルツハイマー型認知症やレビー小体型認知症、前頭側頭変性症、脳血管性認知症、進行性核上性麻痺などの高齢者に多い変性性認知症を主体とした病気と合併していることがしばしばです。
平成26年から脳の黒質線条体のドーパミン神経を見る脳シンチ(DAT scan)が保険適応となりました。このDAT scanや脳血流シンチ、心筋シンチ(MIBG)などを駆使することで、変性認知症の併存が推測できるようになりつつあります。iNPHに認知症が併存していても、シャント手術により歩行障害に有意な改善が見られることが多く、併存疾患が事前に予測できれば、薬物治療などである程度対応が可能となります。iNPHは「治る認知症」とマスコミ報道で強調されましたが、「治る歩行障害」と言うほうが適切であり、歩行が良くなることにより患者の生活の質(QOL)の改善や家族・介護者の負担の軽減が期待できます。

腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)

歩くと足が痛くなったりしびれたりして、少し休むとまた歩ける間歇性跛行という症状が特徴的な高齢者に多い腰の病気です。 これまで腰部脊柱管狭窄症310例(60~91歳、平均76.2歳、初回手術265例、他院も含め再手術45例)に顕微鏡下の片側除圧術(低侵襲手術)を行い良好な結果(改善269、不変41、悪化0)を得ています。この手術は金属など異物を用いることなく、脊椎の狭い部分だけを広げる方法で、手術時間は平均1時間半と短く、輸血の必要もなく、高齢の患者さんにも体への負担の少ない手術です。患者さんの満足度も、とても満足・ほぼ満足が84.3%、不満足は15.4%でした。手術の効果は間歇性跛行88.6%、腰痛71.6%、根症状(足の痛みやシビレ)62.9%で、特に歩行障害に効果があります。また75歳未満と75歳以上の高齢者を比較しても年齢による効果の差はみられませんでした。平均4年11ヶ月(3ヶ月から10年11ヶ月)の術後経過観察では28例に新たな狭窄や再発が見られ、うち18例に再手術をしています。腰部脊柱管狭窄症や変形性頸椎症は加齢に伴いゆっくりと進行する病気です。直接命にかかわることはありませんが、手術により生活の質(QOL)の改善が期待されます。

カテーテルによる血管内手術(けっかんないしゅじゅつ)

脳動脈瘤(血管のコブ)の場合、通常は頭を切って頭蓋骨を開け、顕微鏡を用いて脳動脈瘤にクリップをかける手術を行いますが、頭を切ることなく、足の根元の血管からカテーテルを入れて脳や脊髄の血管の病気を治療する手術です。当院では順天堂本院の血管内治療専門医が来て治療します。これまでカテーテルで手術したのは、脳動脈瘤69件、硬膜動静脈瘻19件、内頸動脈狭窄症に対するステント留置25件、など総数122件です。


診療実績

手術数は当科が開設された平成15年度の53件(14年度の7件を含む)から徐々に増え、16年度68件、17年度81件、18年度79件、19年度96件、20年度111件、平成21年度104件、平成22年度108件、平成23年度94件、平成24年度103件、25年度93件、平成26年度98件、平成27年度95件、平成28年度89件で総数1292件に達しております。内容は腫瘍123(9.5%)、脊椎脊髄疾患435(33.7%)、慢性硬膜下血腫360例を含む外傷389(30.1%)、脳血管疾患155(12.0%)、正常圧水頭症125(9.7%)などです。当科の特徴は加齢に伴い多くなる脊椎脊髄疾患・慢性硬膜下血腫・正常圧水頭症の三つが多く、まさに高齢者医療センターらしいところです。

(平成29年4月1日現在)

平成28年度

外来延患者数 10,804名(うち初診 732名)
入院延患者数 6,802名(うち新入院患者数 193名)

手術内訳(総件数:89件)

脳腫瘍10例
脊椎脊髄19例
外傷39例
脳血管障害1例
血管内手術5例
水頭症12例
その他 3例