1. トップページ
  2. 診療部門紹介
  3. 整形外科

整形外科

診療科紹介

 当センター整形外科は成人期以降の外傷から加齢変性疾患まで運動器疾患全般を対象としています。よって小児の特殊な疾患以外は全て診察します。特に重点的に治療しているものとしては高齢者に多い3つの疾患が挙げられます。
 1つ目は骨粗鬆症やそれに伴う背骨や足の付け根の骨折です。骨折に対する治療はもちろん、その原因である骨粗鬆症の治療も重要となります。
 2つ目は変形性膝関節症、変形性股関節症などの下肢関節疾患です。痛みや関節機能の低下により歩行が障害されていきますので、適切な保存治療、手術加療により除痛と機能改善を目指します。
 3つ目は腰部脊柱管狭窄症を中心とした脊椎疾患です。脊柱の変形や神経の圧迫により足腰の痛みが生じ、生活が著しく障害されますので適切な保存治療、高度な技術を駆使した手術加療が必要となります。
 他にも手指・手関節周囲の骨折、腱・靱帯損傷、肩関節の痛み、関節リウマチなど幅広く対応しています。

専門外来

当センター整形外科では一般診察の他に専門診を設けています。

ひざ関節外来

黒澤尚名誉教授の診察では変形性膝関節症の運動療法、人工関節手術から膝前十字靱帯損傷の再建手術といったスポーツ外傷まで幅広く診療しております。

手外科外来

岩瀬嘉志先任准教授の手外科外来では腱鞘炎、手の外傷、末梢神経疾患、関節症まで診療、手術を行っております。

脊椎診

野尻英俊准教授の脊椎診では椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、頚椎症、側弯症、後弯症などで生じた首・腰・手足の痛み、歩行の障害を病態や病期を考慮して加療しております。手術は体への負担を低減した低侵襲脊椎手術にも積極的に取り組んでいます(トピックスを参照してください)。

トピックス

当科では運動器の衰えや膝・腰の痛みに効果のあるサプリメントを探究しています。

 研究にご参加いただける方を募集しています(下のお知らせを参照ください)。

近隣のクリニックの先生の紹介で
当センターの骨密度計測装置をご利用頂けるようになりました。

 骨粗鬆症の治療を現在お近くのクリニックで行っている方、精度の高い骨密度計測をご希望の方で計測をご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

脊椎手術の低侵襲化に取り組んでいます。

 これまで脊椎手術は侵襲(体への負担)が大きいこと、成績不良例が散見されることが問題とされてきました。我々は成績向上に向け、的確に病態や病期を診断することはもちろんのこと、以下の3点を考慮して手術を行っています。

 1つ目は年齢や抱えている病気、それぞれの生活様式、余命といった全身の状態。2つ目は骨強度(骨密度)や体のバランスといった脊椎全体の状態。3つ目は行われる手術の侵襲(体への負担)です。脊椎手術は元来侵襲の大きなものであり、治療には長い皮膚の切開と広範囲の筋肉の切り離し、大量の出血を伴うため術後疼痛に悩まされ、体は消耗し、リハビリには時間と労力がかかりました。もちろんこういった方法で立ち向わなくてはいけない病態は存在しますが、近年の脊椎外科手技や手術器具の進歩により、低侵襲化が可能になってきています。我々は合併症や術後疼痛の軽減、早い復帰、そして何よりも安全な手術を目指して低侵襲化を図り、前方・側方進入手術、顕微鏡下手術、経皮的な椎弓根スクリューを用いる脊椎固定術、低侵襲脊椎安定術(MISt)など最先端の手術を積極的に行っています(下の写真①~④は代表的な低侵襲脊椎手術)。

 手術によりどの程度症状の改善が期待できるのか、手術による合併症、後遺症をいかに低減するかを念頭に取り組んでいますのでお気軽にご相談ください。

顕微鏡下脊椎手術

写真① 顕微鏡下脊椎手術
(脊椎や周囲の筋肉にできるだけダメージを与えずに安全に神経の圧迫を解除できます。)

経皮的椎弓根スクリューを用いた低侵襲脊椎安定術(MISt)

写真② 経皮的椎弓根スクリューを用いた低侵襲脊椎安定術(MISt)
(大きく背中を切らず筋肉を剥がさないで後方から脊椎を固定できます。)

経皮的椎弓根スクリューを用いた低侵襲脊椎安定術

写真③ 経皮的椎弓根スクリュー刺入時の皮膚切開創(皮下の筋肉も温存されます。)

側方進入脊椎手術

写真④ 側方進入脊椎手術(特殊な機器を使うことで大きく切開しない前方脊椎手術が可能です。)

脊椎矯正手術に取り組んでいます

 近年の脊椎外科の進歩により、脊柱管狭窄や椎間板ヘルニアによる神経の圧迫から生じる痛みをとるための手術加療がより効果的に、より安全に、そしてより低侵襲に行えるようになりました。そして更なる進歩により頑固な腰痛や歩行の障害は神経の圧迫から来るものだけでなく、背骨の並びが乱れ、バランスが悪くなることからも生じてくることが分かってきました。よって、これら背骨の弯曲や配列の異常に対しては従来の神経除圧術や脊椎固定術では効果がなく、矯正することが必要となります。
 矯正手術の方法にも様々な方法があり、背骨に切り込みを入れてずらすもの(骨切り、写真⑤)が良いのか、椎間板に操作を加えてずらすもの(写真⑥)が良いのかを見極めることが重要です。矯正手術となると一般的には大きな侵襲を伴いますのでここでも低侵襲化は取り組むべき課題となります。
 当センターでも病態や重症度、患者様の状態を調べ、適応を吟味した上で脊椎矯正手術を行っています。

骨切り術による姿勢の変化

写真⑤ 骨切り術による姿勢の変化(強い腰痛がなくなり、立つこと、歩くことができるようになりました。)

側方から椎間板を切り離す低侵襲矯正固定術

写真⑥ 側方から椎間板を切り離す低侵襲矯正固定術(バランスを取り戻すことで症状が緩和されます。)

診療実績

平成28年度

外来延患者数 22,570名(うち初診 1,425名)
入院延患者数 13,689名(うち新入院患者数 508名)

主な手術

人工膝関節置換術 85件
人工股関節置換術 31件
大腿骨頚部骨折手術 53件
脊椎手術 103件
手外科 100件