1. トップページ
  2. 診療部門紹介
  3. リハビリテーション科

リハビリテーション科

対象疾患

身体運動機能に問題をきたす様々な疾患が対象となります。
  • ①整形外科疾患
    変形性関節症(肩・股・膝・足関節など)や脊椎疾患(変形性脊椎症・後縦靱帯骨化症など)、骨折(大腿骨頚部骨折、手・肘関節骨折など)、靱帯損傷(アキレス腱断裂・半月板損傷など)など
  • ②神経・筋疾患
    脳血管疾患(脳梗塞・脳出血・クモ膜下出血など)や、変性疾患(パーキンソン病・脊髄小脳変性症など)、末梢神経疾患、筋疾患 など
  • ③その他の疾患
    内科系・外科系疾患による廃用症候群、呼吸器疾患、がん、認知症疾患など

外来における診療体制

 原則として、入院患者さんを中心にリハビリを実施しております。
 外来リハビリは、当センター退院後の患者さんについてのみ、一部対応しております。

入院における診療体制

 整形外科・脳神経内科・脳神経外科を中心に、各科より依頼を受けてリハビリを行っております。骨折や脳血管疾患など一連の治療の中でリハビリが必須な疾患以外にも、廃用症候群のような高齢者に多く見られる疾患に対しても、退院目標に向けたリハビリを実施しております。なお、急性期病院であるため、リハビリ科単独での入院は扱っておりません。日曜・祭日もリハビリを提供できるような体制をとっております。
 入院中は医療保険によるリハビリを施行し、退院後は介護保険サービスで身体機能を維持するという流れが保険制度上設けられております。当科では、看護相談室や医療ソーシャルワーカーと連携し、退院後のデイケアや訪問看護・リハビリ、リハビリ病院でのリハビリ継続につながるようアドバイスをしております。

診療実績

平成28年度

科別依頼数

依頼料 件数
脳神経内科 594 34
脳神経外科 296 17
整形外科 403 23
内科 239 14
外科 12 1
認知症 125 7
その他 69 4
1,738 100

疾患別リハ実施件数・単位数

  PT OT ST
件数 単位数 件数 単位数 件数 単位数
脳血管リハビリ(Ⅰ)
7,056
14,258
6,568
12,808
2,831
5,735
(うち脳血管リハビリ
早期・初期加算)
5,939
11,582
4,554
9,085
2,046
4,243
廃用症候群リハビリ(Ⅰ)
1,979
3,424
1,001
1,895
387
790
(廃用症候群リハ
早期・初期加算)
1,976
3,515
1,057
2,021
302
621
運動器リハビリ(Ⅰ)
6,789
7,401
303
627
   
(うち運動器リハビリ
早期・初期加算)
7,401
17,844
230
484
   
呼吸器リハビリ(Ⅰ)
501
927
123
236
   
(うち呼吸器リハビリ
早期・初期加算)
364
679
22
43
   
認知症患者リハ    
304
304
   
がんリハビリ
62
112
   
10
20
16,387
26,122
8,299
15,870
3,228
6,545