1. トップページ
  2. 診療部門紹介
  3. 呼吸器内科

呼吸器内科

診療科紹介

 気管支や肺、胸膜など呼吸器系の病気を扱う診療科です。人口の高齢化や喫煙・大気汚染の影響など肺癌をはじめとした呼吸器系の病気は増加しています。大学附属病院として精力的に最新の診療を心がけています。

 4名の常勤医師と1名の非常勤医師で対応しております。呼吸不全などの緊急症例に対しては救急体制で積極的に対応しております。近隣の医療機関よりの胸部X線写真での異常に対しても随時紹介を受け付けています。

 入院における診療では主に原発性肺癌の診断と治療、肺炎、慢性閉塞性肺疾患などの治療にあたっており、いずれも最新の知見に基づいた高齢の方にも優しい診療を心がけています。

対象疾患

  • 慢性閉塞性肺疾患COPD(肺気腫、慢性気管支炎)
  • 気管支喘息、咳喘息
  • 原発性肺癌、転移性肺癌、悪性胸膜中皮腫(診断、入院・外来化学療法、緩和医療など)
  • 慢性呼吸不全(在宅酸素療法、在宅人工呼吸療法など)
  • 間質性肺炎(肺線維症)、過敏性肺炎、膠原病合併肺疾患、塵肺
  • 急性気管支炎、肺炎、肺膿瘍、膿胸
  • サルコイドーシス、気管支拡張症、びまん性汎細気管支炎
  • 肺血栓症、肺水腫
  • 胸膜炎(胸水)
  • 縦隔腫瘍
  • 肺結核後遺症、非結核性抗酸菌症
  • 慢性の咳や痰
  • ニコチン依存症

トピックス

1) 外来での肺癌治療・化学療法

 進行肺癌の方には可能な限りご本人の負担を少なくし、生活の質を重視した外来での化学療法を行っております。新規抗癌剤や分子標的治療薬による治療も積極的に取り入れています。

2) 禁煙外来

 あらゆる呼吸器疾患の原因となりうる喫煙に対しては禁煙外来を開設し、患者様の禁煙サポートを行っています。また講演会などを通じて地域の禁煙キャンペーンにも取り組んでいます。

 禁煙外来のご案内

診療実績

平成28年度

外来延患者数 12,648名(うち初診 509名)
入院延患者数 8,786名(うち新入院患者数 407名)

主な検査

気管支鏡検査 90件/年

入院症例

原発性肺がん121例
肺炎96例
間質性肺炎72例
慢性閉塞性肺疾患74例
気管支喘息55例
結核・非結核性抗酸菌症31例

外来症例

在宅酸素療法74例
在宅人工呼吸療法4例
外来化学療法26例/年