1. トップページ
  2. 診療部門紹介
  3. 泌尿器科

泌尿器科

診療科紹介

外来診療

泌尿器科疾患全般を対象としています。その中でも膀胱がん、前立腺がんを中心とした尿路性器悪性腫瘍の患者さんと前立腺肥大症の患者さんが増加しています。また、排尿障害を訴えて来院する患者さんも多くなっています。尿路結石の患者さんについては当院には体外式衝撃波結石破砕装置がありませんので、積極的な治療が必要と考えられる患者さんは、関連病院への紹介を行っています。

木曜日以外の月、火、水、金、土曜日に紹介予約制による外来診療を行っております。各外来担当医が泌尿器科疾患全般にわたって診療を行っておりますが、金曜日午前には順天堂医院(本院)より女性医師の応援を仰ぎ、女性泌尿器外来(女性の尿失禁、膀胱脱の患者さんを対象としています)を開いており、治療の相談に乗っていただいております。また泌尿器科的な特殊検査を必要とされる患者さんのために、超音波検査、尿流動態検査、内視鏡検査などの独立した検査外来を(月)(火)(水)の午後に設けております。膀胱鏡検査は、可能な限り疼痛を少なくするために、男性患者さんに対しては軟性電子スコープを使用しております。外来では一般診療・投薬の他に、前立腺がんに対するホルモン療法、膀胱がんに対するBCG膀胱内注入療法、腎細胞がんに対するインターフェロン療法などを行っております。

入院診療

 手術は原則的に毎週木曜日と金曜日午後に行っております。主な手術は、膀胱がんに対する内視鏡切除術及び膀胱全摘除術、前立腺がんに対する前立腺全摘除術、腎癌、腎盂・尿管がんに対する開放性手術、前立腺肥大症に対する内視鏡切除術及び開放手術などです。原則的に手術前日にご入院いただき、術後早期に退院していただけるよう努力しております。

対象疾患

泌尿器科疾患全般を対象としていますが、尿路性器悪性腫瘍の患者さんと前立腺肥大症の患者さんが圧倒的に多いのが現状です。また尿路結石の患者さんについては当院には体外式衝撃波結石破砕装置がありませんので、そのような治療が必要と考えられる患者さんは、関連病院への紹介を行っています。

トピックス

① 早期前立腺がんの発見のためPSA検査及び前立腺多所生検を積極的に行っております。

② 女性の骨盤臓器脱(膀胱脱、子宮脱など)や腹圧性尿失禁の患者さんに対して専門医師の指導の下、積極的に外科的治療に取り組んでおります。

③ 腎がん、腎盂尿管がんに対する体腔鏡手術の適応と考えられる場合は順天堂医院と連携して治療にあたります。前立腺がんに対するロボット支援下腹腔鏡手術については順天堂医院への紹介を行っています。

 女性泌尿器外来のご案内

診療実績

平成28年度

外来延患者数 14,819名(うち初診 424名)
入院延患者数 3,037名(うち新入院患者数 271名)

主な開放性手術

根治的腎摘除術4件
腎尿管全摘除術 3件
腎部分切除術 2件
単純腎摘除術 1件
前立腺全摘除術1件
膀胱全摘除術 6件

主な内視鏡手術

経尿道的膀胱腫瘍切除術59件
前立腺肥大に対する経尿道的前立腺切除術 4件

女性の骨盤臓器脱に対する手術

TOT手術 9件
TVM手術 40件
TVT手術 1件
膣壁形成術9件
膣閉鎖術2件
経腟的子宮摘出術1件

その他

尿管ステント留置術 12件
尿管鏡2件
経皮的腎瘻増設術3件
前立腺針生検 64件(うち37件でがん発見)