1. トップページ
  2. 研修医・職員募集
  3. 臨床研修カリキュラム
  4. 麻酔科・ペインクリニック

臨床研修医

臨床研修カリキュラム

麻酔科・ペインクリニック

受け入れ対象 受け入れ期間
Ⅰ 一般内科コース 1~3ヶ月間
Ⅱ 初期研修医の選択コース 1~3ヶ月間
Ⅲ 後期研修医のローテーション 1~3ヶ月間
Ⅳ 麻酔科・ペインクリニック医師養成コース 要相談
Ⅴ 女性医師の復帰支援教育研修コース 要相談

一般目標(GIO)

一般内科コースの選択コース
順天堂関連病院内の後期研修医の選択コース

  1. 初期研修で学習したことをさらに発展させる。
  2. ペインクリニックの役割について理解する。
  3. 重症患者の周術期管理について理解する。
  4. 侵襲の大きな手術に関する麻酔計画を立案できる
  5. プライマリ・ケアに必要な一般的知識、手技を身につける。

女性医師復帰支援コース
卒後4年目以上の麻酔科医(助手として採用)

  1. 麻酔全般について深い知識を得る。
  2. 各科麻酔について深い知識を得る。
  3. 各科の医師と緊密な信頼関係を確立する。
  4. 初期研修の研修医に基本的な事項を教えることができる。
  5. 主な術前合併症について深い知識を得る。
  6. 重症患者の麻酔管理について深い知識を得る。
  7. 術後管理について深い知識を得る。
  8. 麻酔専門医資格取得に必要な単位数を取得する。
  9. 日本麻酔科学会総会や地方会で発表する。
  10. 合理的な麻酔計画を立案できる。
  11. 外科医と周術期管理計画について討論できる。
  12. プライマリケアに必要な診療手技を使いこなせる。
  13. 心肺蘇生法を含む緊急処置が行える。
  14. コンサルト医として他科依頼に応えることができる。

行動目標(SBOs)

一般内科コースの選択コース
順天堂関連病院内の後期研修医の選択コース

術前評価に関する一般的目標
  1. 重症患者の術前の全身評価ができる。
  2. 気道確保困難症に対する対策を立案できる。
  3. 周術期管理に必要な術前投与薬物についての知識を身につける。
麻酔管理および急性期全身管理に関する一般的目標
  1. 適切な麻酔法を選択できる。
  2. 出血や体液シフトが多い手術において、適切な輸液・輸血管理ができる。
  3. カテコラミンを含む心血管作動薬を用いて血行動態管理ができる。
  4. 人工呼吸の設定ができ、人工呼吸管理ができる。
  5. 異常体温の防止、治療など体温管理ができる。
  6. 血清生化学データ異常の治療ができる。
麻酔に関する手技取得に関する一般的目標
  1. マスクによる気道確保ができる。
  2. ラリンジアルマスクによる気道確保ができる。
  3. 気管挿管による気道確保ができる。
  4. 二腔気管支チューブにより片肺換気ができる。
  5. 気管支ファイバースコープを用いて二腔気管支チューブの位置確認ができる。
  6. 脊椎変形がある患者や高齢者で脊髄くも膜下麻酔ができる。
  7. 腰部および胸部硬膜外麻酔が行える。
  8. 16ゲージ以上の太いカテーテルを用いて静脈路確保ができる。
  9. 動脈カテーテルを挿入できる。
  10. 中心静脈カテーテルを挿入できる。
ペインクリニックにおける一般的目標
  1. ペインクリニックにおける診療を見学する。
  2. 代表的な慢性痛患者の診断・治療を行う。

女性医師復帰支援コース
卒後4年目以上の麻酔科医(助手として採用)

術前評価に関する一般的目標
  1. 病歴、身体所見、検査所見などから全身評価ができる。
  2. 気道の確保のしやすさなど気道評価ができる。
  3. 全身麻酔の安全性や合併症、方法についてわかりやすく説明できる。
  4. 脊髄くも膜下麻酔に必要な術前評価ができ、長所と短所について患者に説明できる。
  5. 硬膜外麻酔に必要な術前評価ができ、長所と短所について患者に説明できる。
  6. 周術期管理に必要な術前投与薬物についての知識を身につける。
  7. 適切な前投薬を指示できる。
麻酔管理および急性期全身管理に関する一般的目標
  1. 適切な麻酔方法を選択できる。
  2. 体液シフトが多い手術の術中の輸液管理ができる。
  3. 術中の異常な状態を早期に発見でき、対処できる。
  4. 大量出血、急速な出血に対して対処できる。
  5. 心血管作動薬の持続静注を用いて血行動態管理ができる。
  6. 肺機能が障害された患者で人工呼吸による呼吸管理ができる。
  7. 血液ガス分析データに基づき、適切な治療ができる。
  8. 異常体温の防止、治療など体温管理ができる。
  9. 血清生化学データ異常値の治療ができる。
  10. 「安全な麻酔のためのモニター指針」で用いられるモニタリングを使いこなせる。
  11. モニタリングから得られるデータを正しく解釈できる。
麻酔に関係する手技取得に関する一般的目標
  1. マスクによる気道確保ができる。
  2. 経口あるいは経鼻エアウェイを正しく挿入できる。
  3. 各種ラリンジアルマスクによる気道確保ができる。
  4. 喉頭鏡を正しく使用できる。
  5. 意識下挿管、気管支ファイバー挿管ができる。
  6. 盲目的経鼻挿管ができる。
  7. 気管挿管による気道確保ができる。
  8. 気管チューブの位置を確認し、しっかりと固定できる。
  9. 静脈採血ができる。
  10. 太い静脈カテーテルを用いて静脈路確保ができる。
  11. 脊髄くも膜下麻酔が行える。
  12. 腰部硬膜外麻酔が行える。
  13. 胸部硬膜外麻酔が行える。
  14. 穿刺により動脈血採血ができる。
  15. 血液ガスサンプルの処理、血液ガスサンプルの測定が正しく行える。
  16. 動脈カテーテルを挿入できる。
  17. 動脈ラインからの動脈血採血ができる。
  18. 中心静脈カテーテルを挿入し、中心静脈圧を利用できる。
  19. 経鼻胃管を挿入できる。
術後管理
  1. 麻酔や手術後に起こる合併症を把握できる。
  2. 麻酔合併症に対しての対処ができる。
  3. 酸素投与方法の違い、酸素流量と吸入酸素濃度の関係について説明できる。
  4. 術後酸素投与の指示ができる。
  5. 非ステロイド性消炎鎮痛薬を用いた術後鎮痛法を実施できる。
  6. オピオイドによる鎮痛療法を実施できる。
  7. 硬膜外鎮痛ができる。
  8. 患者管理鎮痛法(PCA)の基本設定ができる。
  9. 人工呼吸器の設定ができる。
ペインクリニックに関する一般目標
  1. 患者や家族とのコミュニケーションがスムーズに行える。
  2. ペインクリニックで治療する主要疾患の知識を身につける。
  3. ペインクリニックで行う主要な神経ブロックについての知識を身につける。
  4. ペインクリニックで使用する主用薬剤についての知識を身につける。
  5. 日本麻酔科学会、日本ペインクリニック学会、日本疼痛学会ならびに関連学会で発表する。
  6. 適切な診療録の記載法を身につける。
  7. ペインクリニックで扱う主要疾患について、診断と治療計画を立てることができる。
神経ブロックの主義に関する一般的目標
  1. 硬膜外ブロック(胸部・腰部)を理解・施行できる。
  2. 星状神経節ブロックを理解・施行できる。
  3. トリガーポイント注射を理解・施行できる。
  4. 膝関節内注射を理解・施行できる。
  5. 肩甲上神経ブロックを理解・施行できる。
  6. 後頭神経ブロックを理解・施行できる。
  7. 局所麻酔薬使用による眼窩下神経ブロックを理解・施行できる。
  8. 局所麻酔薬使用による眼窩上神経ブロックを理解・施行できる。
  9. 透視下腰部神経根ブロックを理解・施行できる。
  10. 透視下椎間関節ブロックを理解・施行できる。
  11. 透視下腹腔叢ブロックを理解・施行できる。

研修方略(LSs)

 麻酔の研修とは、呼吸・循環をはじめとする全身管理を学ぶことにつながり、どのような科に進もうと、臨床医として最低限の生命危機管理の知識と技術を習得する絶好の機会です。
 研修内容に関してはコース責任者と相談の上、決定します。
当院麻酔科では各科の麻酔管理およびペインクリニック外来を行っております。心臓血管外科・小児症例が無いため、これらの麻酔管理の習得のため順天堂医院(東京都文京区)での研修も可能です。