1. トップページ
  2. 研修医・職員募集
  3. 臨床研修カリキュラム
  4. 糖尿病・内分泌内科

臨床研修医

臨床研修カリキュラム

糖尿病・内分泌内科

受け入れ対象 受け入れ期間
Ⅰ 一般内科コース 1~3ヶ月間(延長可)
Ⅱ 初期研修医の選択コース 1~3ヶ月間(延長可)
Ⅲ 後期研修医のローテーション 1~3ヶ月間(延長可)
Ⅴ 女性医師の復帰支援教育研修コース 要相談

一般目標(GIO)

一般内科コースの選択コース
順天堂関連病院内の初期研修医および後期研修医の選択コース

 内科認定医を取得するために、糖尿病・内分泌系の基礎を充実し、多くの症例を経験する。さらに内科医、糖尿病・内分泌専門医に求められる知識、技能、そして患者ならびにチームへの指導力などを修得し、日本糖尿病学会専門医資格取得を目標とする。当医療センターは日本糖尿病学会の認定教育施設であり、本カリキュラムは糖尿病学会の求める専門医研修カリキュラムに準じている。

女性医師復帰支援コース

 順天堂大学医学部代謝内分泌学講座に所属して当医療センターを中心に研修する。

行動目標(SBOs)

  • 「糖の流れ」から糖尿病(高齢者糖尿病を含む)病態を正しく理解し、適切な食事療法および薬物療法を習得する。
  • 糖尿病診療における患者教育のあり方、コメディカルとのチーム医療の実践について研修する。
  • 脂質異常症(家族性高脂血症を含む)について、リポ蛋白代謝の面から理解を深め、各病態に応じた適切な食事療法および薬物療法を習得する。
  • 肥満症、特に内臓脂肪肥満、インスリン抵抗性からメタボリックシンドロームの病態を学び、動脈硬化性疾患の発症を予防するための食事療法および薬物療法の進め方について理解できる。
  • 甲状腺疾患、特に結節性甲状腺腫の鑑別のために甲状腺エコーおよびエコー下での甲状腺穿針吸引細胞診の技能を習得する。
  • 他の代謝疾患・内分泌疾患の病態の理解を深め、診断、治療法について研修する。

研修方略(LSs)

  • 指導医のもと、初診患者の問診、身体所見をとり、検査および治療計画を作成する。
  • 外来陪席・入院患者の診療で基本的な検査・処置を習得する。
  • 回診、教育入院カンファランスに参加し、糖尿病診療における患者教育のあり方、コメディカルとのチーム医療の実践について研修する。
  • 糖尿病、高齢者糖尿病、脂質異常症、リポ蛋白異常症、家族性高コレステロール血症、肥満症、メタボリックシンドローム、高尿酸血症、甲状腺疾患、他の内分泌疾患についてレクチャーを受ける。
  • 内臓脂肪測定法、非観血的動脈硬化測定法(頚動脈内膜中膜複合体肥厚度;IMTなど)を経験する。
  • 入院患者の経過や問題点を回診時プレゼンテーションする。
  • 病理検討会に出席する。(月1回)
  • 病院外の研究会、勉強会に参加する(開催時適宜)。
  • 内科認定医、日本糖尿病学会専門医を目指す者は積極的に学会発表、論文作成にあたり専門医に相応しい知識と技量を習得する。

週間スケジュール

曜日

時間
午前 合同カンファレンス 内科カンファレンス 病棟 病棟 病棟 病棟
午後 初診外来
回診
病棟 病棟 救急外来
回診
糖尿病教育入院カンファレンス
初診外来  

研修施設

日本糖尿病学会教育認定施設、日本老年医学会教育認定施設、
日本肥満学会認定肥満症専門病院、日本内科学会臨床研修認定施設