1. トップページ
  2. 研修医・職員募集
  3. 臨床研修カリキュラム
  4. 婦人科

臨床研修医

臨床研修カリキュラム

婦人科

受け入れ対象 受け入れ期間
Ⅰ 一般内科コース 1~3ヶ月間
Ⅱ 初期研修医の選択コース
Ⅲ 後期研修医のローテーション 1~3ヶ月間
Ⅴ 女性医師の復帰支援教育研修コース 要相談

一般目標(GIO)

一般内科コースの選択コース
順天堂関連病院内の初期研修医および後期研修医の選択コース

 生涯にわたる、高度・良質なプライマリケアの提供ができるようになるために、必要な婦人科の一般知識・技術を習得する。特に高齢者特有の婦人科疾患について理解し、女性に特有な基本的診察・検査・手技・治療法等に精通する。医療人として必要な基本姿勢や態度を体得することを目標とする。

女性医師復帰支援コース

 順天堂大学医学部産婦人科学講座に所属して当医療センターを中心に研修する。婦人科の一般診療に必要な知識・技術を習得し、日本産科婦人科学会専門医資格取得を目標とする。産科の研修は、相談の上、順天堂大学医学部附属病院群などで実習することになる。専門医資格取得者の場合も順天堂大学医学部婦人科学講座に所属して当医療センターを中心に研修することとなる。

行動目標(SBOs)

  • プライバシーを配慮し適切な病歴聴取と診察により、的確に診療録に記載できる。
  • 女性のホルモン環境の(特に加齢による)変化を理解し、個人をとりまく社会環境に配慮した治療計画を立案することができる。
  • 婦人科への紹介および、入院の適応を自ら判断できるようになる。
  • 産婦人科特有の診察法の適応、手技、解釈について説明できる。
  • 産婦人科特有の以下の検査を指導医と実施あるいは依頼し、その結果を評価して、患者・家族に分かりやすく説明することができる。
  • 婦人科内分泌検査(基礎体温表、頸管粘液検査、ホルモン検査)
  • 不妊症検査(基礎体温表、頸管粘液検査、卵管疎通性検査)
  • (妊婦の診断(免疫学的妊娠反応、レオポルド触診法、超音波検査))
  • 性感染症の検査(腟分泌物の顕微鏡・培養検査、子宮頸部のクラミジア・淋菌検査)
  • 超音波検査(経腹・経腟超音波断層法、ドップラー法)
  • 細胞診、病理組織検査(子宮腟部・頸部・内膜細胞診、各部位の病理組織生検)
  • 内視鏡検査(コルポスコピー、子宮鏡)
  • (妊産褥婦に対する投薬・遺伝の問題、検査や治療上の配慮を理解し指導医と実践できる。)
  • 流・早産について説明できる。
  • 性感染症の予防、家族計画指導に参画できる。

研修方略(LSs)

  • 指導医のもと、初診患者の問診、婦人科所見をとり、検査および治療計画を作成する。
  • 外来陪席・入院患者の診療で婦人科の基本的な検査・処置を習得する。
  • 婦人科手術の説明をする。
  • 外来小手術を指導医とともに実施する。
  • 手術の助手に入り婦人科手術を経験する。
  • 産婦人科専門医を目指す者は、それまでの経験に応じて研修2ヶ月後から婦人科手術の執刀を経験していく。
  • 入院患者の経過や問題点を回診(週1回)プレゼンテーションする。
  • 病理検討会に出席する(月1回)。
  • 病院外の勉強会に参加する(開催時適宜)。
  • 専門医を目指す者は積極的に学会発表、論文作成にあたり専門医に相応しい知識と技量を習得する。

週間スケジュール 例

・他科入院患者の往診随時実施
曜日

時間
午前 病棟勤務 外来陪席 手術 病棟勤務 手術・回診 外来陪席
午後 外来陪席 回診 手術 外来陪席 病棟勤務