1. トップページ
  2. 研修医・職員募集
  3. 臨床研修カリキュラム
  4. 脳神経内科

臨床研修医

臨床研修カリキュラム

脳神経内科

受け入れ対象 受け入れ期間
Ⅰ 一般内科コース 1~3ヶ月間
Ⅱ 初期研修医の選択コース 1~3ヶ月間
Ⅲ 後期研修医のローテーション 1~3ヶ月間
Ⅴ 女性医師の復帰支援教育研修コース 要相談

一般目標(GIO)

一般内科コースの選択コース
順天堂関連病院内の初期研修医および後期研修医の選択コース

 プライマリケアに必要な神経内科一般の知識・技術を習得し、特に高齢者特有の脳神経疾患について理解し、診療できるようになることを目標とする。なお、当センターは日本神経学会認定教育施設であるため、より高度な診療技能修得も可能である。

女性医師復帰支援コース

 順天堂大学医学部脳神経内科学講座に所属して当医療センターを中心に研修する。脳神経内科科の一般診療に必要な知識・技術を習得し、日本神経学会専門医資格取得を目標とする。小児疾患・筋疾患の研修は、相談の上、順天堂大学医学部附属病院群などで実習することになる。
 専門医資格取得者の場合も順天堂大学医学部神経学講座に所属して当医療センターを中心に研修することとなる。

行動目標(SBOs)

  • 神経疾患の問診が的確にできる。
  • 日常診療で遭遇することの多い神経疾患の病態の理解を深め、診断・治療計画を的確に立案することができる。
  • 神経内科への紹介,および入院の適応を自ら判断できる。
  • 神経所見を的確に取得・記載し,診断に結びつけられる。
  • CT,MRI,脳波,筋電図の基本的な解釈ができるようになる。
  • 神経内科疾患に関する各種治療法について基本的な理解を深め,自ら判断・実施できる。

研修方略(LSs)

  • 指導医のもと、入院患者の問診、神経所見をとり、検査および治療計画を作成する。
  • 入院患者の診療で神経内科の基本的な検査・処置を習得する。
  • 神経内科学についてレクチャーを受ける。
  • 診断・病状説明を実施し患者・医師関係の構築法を学ぶ。
  • 神経内科に関連する他診療科領域疾患についての基本的対処法を学ぶ。
  • 入院患者の経過や問題点を回診時にプレゼンテーションする。
  • 病院外の神経内科勉強会・講習会に参加する(開催時適宜)。
  • 神経内科専門医を目指す者は積極的に学会発表・論文作成にあたり,専門医に相応しい知識と技量を習得する。

週間スケジュール 例

曜日

時間
午前 病棟回診 病棟回診 病棟回診 病棟回診 病棟回診 病棟回診
午後 病棟回診 病棟回診 病棟回診 病棟回診 予定入院患者事前カンファレンス