1. トップページ
  2. 研修医・職員募集
  3. 臨床研修カリキュラム
  4. 眼科

臨床研修医

臨床研修カリキュラム

眼科

受け入れ対象 受け入れ期間
Ⅰ 一般内科コース 1~3ヶ月間
Ⅱ 初期研修医の選択コース 1~3ヶ月間
Ⅲ 後期研修医のローテーション 1~3ヶ月間
Ⅴ 女性医師の復帰支援教育研修コース 要相談

一般目標(GIO)

  1. 眼の特性を理解し、基本的な診察手技を修得する
  2. 正しい臨床判断能力を養い、治療計画を立て、適切な治療を実施する能力を修得する
尚、眼科専門医取得希望者は、順天堂大学医学部眼科学講座に所属し後期研修の最初の2年間のうち1年間以上を順天堂医院で研修しなければならない。

行動目標(SBOs)

  1. 解剖生理:眼局所の臨床解剖学、病態生理学について理解する
  2. 臨床薬理:眼科で使用する薬剤の薬理作用・適応・禁忌について理解する
  3. 基本的な眼光学の理論を理解し、適切な眼鏡を処方できる
  4. 白内障・緑内障・網膜剥離など主要疾患の病態を理解し、病態や治療に関する適切な説明を行い、インフォームドコンセントを得ることができる
  5. 白内障・緑内障・網膜剥離など主要疾患の病態を理解し、適切な治療や術前・術後管理を行うことができる
  6. 眼科領域における救急疾患を理解し、処置ができる
  7. 眼感染症に関する正しい知識を持ち、適切な処方・処置・予防策の立案ができる
  8. 眼疾患と全身疾患の関連について正しく理解する
  9. レーザー治療のメカニズム・適応・実際について理解する
  10. 研究会・学会に積極的に参加し、また必要な情報を文献検索によって調べることができる
  11. コメディカルスタッフと協調して、チーム医療を実践できる

研修方略(LSs)

  • 上級医・視機能訓練士の指導のもと、屈折検査・調節検査・視力検査・眼圧検査(非接触型)・電気生理学検査(網膜電図)・視野検査(動的・静的)の原理・検査方法を理解する。
  • 上級医の指導のもと、入院患者の問診と眼所見をとり、治療計画を作成する。
  • 模擬眼を用いて眼底観察能力を高める。
  • ウエットラボに参加し眼科手術(マイクロサージャリ-)の基本を学ぶ
  • 各手術の助手に入り眼科手術を経験し、各手技を段階的に習得する。
  • 入院患者の経過や問題点をプレゼンテーションする能力を高める。
  • 臨床研究に最低限必要なスタデイ・デザインや統計学的知識を習得する。
  • 症例検討会、眼科集談会・地方会、専門別眼科学会に参加・発表を行い、臨床研究のできる眼科医師を目指す。

週間スケジュール 例

曜日

時間
8:30 回診 回診 回診 回診 回診 回診
午前 外来 手術 外来 手術 外来 外来
特殊検査
午後 外来
特殊検査
手術 外来 手術 手術
特殊検査