1. トップページ
  2. 研修医・職員募集
  3. 臨床研修カリキュラム
  4. 病理診断科

臨床研修医

臨床研修カリキュラム

病理診断科

受け入れ対象 受け入れ期間
Ⅰ 一般内科コース 1ヶ月以上(要相談)
Ⅱ 初期研修医の選択コース
Ⅲ 後期研修医のローテーション
Ⅴ 女性医師の復帰支援教育研修コース 1ヶ月以上(要相談)

一般目標(GIO)

 臨床医を養成する一環として、以下の2点について重点的に研修し、診断病理学に関する基礎知識の習得を目標とする。
  1. 高齢者医療の現場における病理診断業務を経験し、高齢者の疾患・病変における特徴や、高齢者診療を考慮した診断の進め方を学習する。
  2. 中規模病院における病理の業務内容や病理医の役割について経験する。

行動目標(SBOs)

  1. 日常診療における病理診断業務の位置づけ・重要性について説明できる。
  2. 検体受付から診断報告書作成までの過程を説明できる。
  3. 検体や標本の観察に必要な病理学的な基礎知識を修得する。
  4. 観察で得た所見に基づいて鑑別疾患を挙げ、比較検討できる。
  5. 担当医と連携し、個々の症例における検索必要事項を見出すことができる。
  6. 病理診断報告書の記載内容を充分に理解できる。
  7. 基本的な病理解剖の流れを説明できる。
  8. 病理診断業務において必要な感染防護対策、安全対策を修得する。

行動目標(SBOs)

  1. 病理組織診断・病理細胞診断
    病理で経験する頻度の比較的高い疾患や、高齢者に多く見られる疾患について、指導医のもと;
    1. 提出検体の肉眼観察、所見の記載、標本作成のための切り出しを行なう。
    2. 標本の光学顕微鏡観察、所見の記載を行なう。
    3. 所見に基づき鑑別疾患を列挙し、比較検討を行なう。
    4. 必要に応じ、適切な特殊染色・免疫組織化学を選別し、依頼する。
    5. 総合的に診断し、臨床上の問題点を踏まえた診断報告書の作成を行なう。
    6. 悪性腫瘍に関しては、癌取扱い規約に準じた記載・報告書作成を行なう。
    7. 術中迅速診断についても、上記に準じその方法を習得する。
  2. 病理解剖
    研修期間中に実施される病理解剖に全例陪席し、指導医のもと;
    1. 肉眼観察を学び、病変の特徴などより多くの経験を得る。
    2. 種々の感染防護策を習得する。
    3. 1症例について、剖検報告書作成を試みる。
  3. カンファレンス
    研修期間中に実施される、科内の勉強会や臨床各科と合同で行なわれる症例検討会
    (臨床病理カンファレンス(CPC)を含む)に参加し、指導医のもと;
    1. 病理医として意見を述べ、問題解決に貢献する。
    2. 自ら診断した症例については、所見の説明や鑑別診断を行なう。
    3. 症例の解説に必要な、適切な図表や文献の検索・提示を行なう。