1. トップページ
  2. 研修医・職員募集
  3. 臨床研修カリキュラム
  4. 放射線科

臨床研修医

臨床研修カリキュラム

放射線科

受け入れ対象 受け入れ期間
Ⅰ 一般内科コース 1~6ヶ月(要相談)
Ⅱ 初期研修医の選択コース 1~6ヶ月(要相談)
Ⅲ 後期研修医のローテーション 1~6ヶ月(要相談)
Ⅴ 女性医師の復帰支援教育研修コース 要相談

一般目標(GIO)

一般内科コースの選択コース
順天堂関連病院内の初期研修医および後期研修医の選択コース

 プライマリケアに必要な画像診断の知識と技能を修得し、基本的な読影ができる。それぞれの画像診断の特徴を理解し、病態に応じた検査の選択と優先順位が決定できる。

女性医師復帰支援コース

 順天堂大学医学部放射線医学講座に所属して当医療センターを中心に研修する。放射線科医として必要な知識・技術を習得する。
*なお当センターは、日本医学放射線学会の核医学部門の放射線科専門医修練機関です。

行動目標(SBOs)

  1. 放射線被曝に関する知識を習得し、適切な防護ができる。
  2. 種々の画像診断法について、それらの正しい適応を理解し、適切なオーダーができる。
  3. 造影剤について種類、適応、禁忌を理解し、適切な投与ができ、副作用がおきた時の対応ができる。
  4. 腹部超音波検査を施行し、読影できる。
  5. 単純X 線写真の読影ができる。
  6. CT の基礎的事項を理解し、読影ができる。
  7. MRI の基礎的事項を理解し、読影ができる。
  8. 核医学(PET/CTを含む)の基礎的事項を理解し、読影ができる。

研修方略(LSs)

CT・MRI・核医学などの画像診断について、指導医のもと放射線技師とともに検査の現場で実習を行い、適切な撮影・撮像計画から診断までを学習します。さらに各種機器ならびに造影剤の基礎的原理を学び、将来の画像診断の進歩に対応できる知識を修得します。