1. トップページ
  2. 研修医・職員募集
  3. 臨床研修カリキュラム
  4. 外科・消化器外科

臨床研修医

臨床研修カリキュラム

外科・消化器外科

受け入れ対象 受け入れ期間
Ⅰ 一般内科コース 1~3ヶ月間
Ⅱ 初期研修医の選択コース 1~3ヶ月間
Ⅲ 後期研修医のローテーション 1~3ヶ月間
Ⅴ 女性医師の復帰支援教育研修コース 要相談

一般目標(GIO)

一般内科コースの選択コース
順天堂関連病院内の初期研修医および後期研修医の選択コース

  • 一般外科・消化器外科、呼吸器外科における外来/病棟で必要な一般的知識・技能、基本的な外科手技を習得する。
  • 一般外科・消化器外科の術前、術中、術後に必要な知識と考え方を習得する。
  • 腹部救急に対応する基本的な知識を習得する。

女性医師復帰支援コース

  • 順天堂大学医学部のいずれかの外科講座に所属して当医療センターを中心に研修する。

行動目標(SBOs)

  • 外科外来で施行される小手術、縫合、切開、消毒など創処置について適切な適応判断と処置が行える。
  • 胃瘻について理解し、胃瘻造設の適応判断、胃瘻交換が行える。また指導医のもと胃瘻造設が行える。
  • CVポートについて理解し、指導医のもとCVポートの造設を術者として行える。
  • 鼠径ヘルニアの基本的な知識を習得し、診察、診断を行うことが出来る。
  • 指導医のもと鼠径ヘルニアのインフォームドコンセントをとることが出来る。
  • 鼠径ヘルニアの手術を指導医のもと術者として執刀することが出来る。
  • 上部消化管内視鏡検査の手技および診断について基本的な知識を習得し、指導医のもと観察を行うことが出来る。
  • 下部消化管内視鏡検査の手技および診断について基本的な知識を習得し、指導医のもと観察を行うことが出来る。
  • 腹部超音波検査の手技および診断について基本的な知識を習得し、指導医のもと検査を行うことが出来る。
  • 術前、術後の胸部、腹部CT、MRI、PET検査の評価を行う知識を習得する。
  • 胃癌、大腸癌、胆嚢結石症について術前検査立案、術前全身管理、術前診断、手術適応、術式選択について基本的な知識を習得し、典型例について自ら判断できる。
  • 胃癌、大腸癌などのガイドラインを理解し、実際の臨床に応用できる。またガイドラインに基づいた治療を患者に提示、説明できる。
  • 胃、大腸の一般的な術後経過について理解し、術後管理を行うことが出来る。また合併症について理解し、重症度、緊急度、対応法についての知識を習得する。
  • 胃癌、大腸癌の手術の基本的解剖学的、手技的知識を習得し、助手として手術に参加する技能を習得する。技能の習得状況により部分的な手技を術者として行う。
  • 胃癌、大腸癌の抗癌剤治療について、適応、具体的な投与法、副作用とその対策について理解し、適切にマネージメントできる。
  • 終末期医療ついて指導医のもと適切な対応が出来、疼痛コントロールを主体とした緩和ケアを行うことが出来る。
  • 腹部救急疾患の診察、検査立案およびその評価について指導医と共に対応し、手術適応、対処法について経験する。
  • 希望により呼吸器外科の研修を取り入れることも可。

研修方略(LSs)

  • 毎日の朝、夕の病棟回診にて、術前患者の検査評価、術前管理、プレゼンテーションを行う。術前には術前サマリーを作成し、問題点を整理する。
  • 毎日指導医と共に術後患者の創処置と術後管理を行う。
  • 毎日指導医と共に病棟の終末期患者の疼痛評価と疼痛コントロールを行う。
  • 抗癌剤投与患者の指示を指導医とともに行い、副作用について患者説明を行う。
  • 指導医と共に術前、術後の患者説明に同席する。
  • 上部、下部消化管内視鏡検査を見学、参加する。
  • 腹部超音波検査を指導医と共に行う。
  • 鼠径ヘルニア、CVポート、胃瘻造設の手術は、術者あるいは助手として手術に参加する
  • 胃癌、大腸癌の手術においては、第1または第2助手として手術に参加する。
  • 腹部救急疾患の診察において、初診を行い、指導医にプレゼンテーションを行う。
  • 指導医と共に胃癌、大腸癌の術後検体処理を行う。
  • 外来陪席にて外来小手術、処置に参加する。

週間スケジュール

曜日

時間
午前 腹部超音波
上部内視鏡回診
回診
外来
回診
外来
回診
外来
回診 回診
上部内視鏡外来
午後 手術
回診
手術
回診
下部内視鏡
回診
手術
回診
下部内視鏡
回診
 

・基本的には手術は全例参加。
・検査については習熟度、希望に会わせて研修可。
・外来は、外科処置を主に参加。
・救急患者については随時対応